製品情報>Artix-7評価ボード>MicroBlazeを使う>Implementの実行

Implementの実行

46. NewSource→Implementation Constrate Fileで、UCFファイルを作成します。ファイル名はmain.ucfとしておきます。

 

 


 

47. 空のUCFファイルが生成されるので、以下の記述を追加します。

NET   "xtalclk_ip" LOC = "C11" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "xtalclk_ip" TNM_NET = TNM_xtalclk_ip;
NET   "xtalclk_ip" CLOCK_DEDICATED_ROUTE = BACKBONE;

NET   "led_op[0]"  LOC = "V1" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "led_op[1]"  LOC = "U1" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "led_op[2]"  LOC = "T1" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "led_op[3]"  LOC = "R1" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "led_op[4]"  LOC = "N2" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "led_op[5]"  LOC = "N1" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "led_op[6]"  LOC = "M1" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "led_op[7]"  LOC = "L1" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "uart_tx_op" LOC = "B13" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "uart_rx_ip" LOC = "A13" | IOSTANDARD = LVCMOS33;
NET   "SS_bp"      LOC = "l13" | IOSTANDARD = LVCMOS18;
NET   "MISO_bp"    LOC = "k18" | IOSTANDARD = LVCMOS18;
NET   "MOSI_bp"    LOC = "k17" | IOSTANDARD = LVCMOS18;

 

CLOCK_DEDICATED_ROUTE = BACKBONE;というのは、リージョンをまたがって使用できるクロックにするという意味です。

uart_tx_opとuart_rx_ipは、UARTのTXとRXですが、GPIOのピンヘッダから出します。特電Artix-7ボードは該当するピン番号がシルクで書いてあるので回路図を見なくてもよいので使いやすくなっています。

 

SS_bp、MISO_bp、MOSI_bpは、SPI ROM用のピンです。CLKはコンフィグ用端子のCCLKから出てくるので、UCFには記述する必要がありません。

 


 

48. これでGenerate Programming Filesを実行します。

 

 

うまく通れば成功です。

 


© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved