製品情報>Kintex-7 PCIe Express光ボード「Cosmo-K」>開発日記

開発日記

このページにはComso-Kの開発の日記をまとめています。

年/月をクリックすると、詳細が見られます。

2017年10月

XDMAコアを使った場合に、PCが起動しなくなることがある原因の究明

2017年9月

PCI Express-DMA-DDR3の安定動作を達成。上り下りとも約1.6GB/s。

2017年8月

DMA対応PCI Expressデバイスドライバの開発

2017年6月~7月

この2か月はCosmo-Kの開発をしていませんでした。

2017年5月

GTXを使ったGigabit Etherの開発。

1Gs/s ADCからのJESD204Bデータの受信。

新旧基板でのIBERT試験、など。

2017年4月

CosmoK0の注文があったので、製造しようとしたが、生基板の在庫がゼロなのでせっかくだから、日本の基板業者で新しく作り直すことにした。Type-B基板になる。

10Gbpsの通信もOK、40Gbpsでの通信ももちろんOK。

2017年3月

展示会出展など。Cosmo-K DVIを作っていたため、開発はお休み。

Cosmo-K0を8台出荷。

2017年2月

Cosmo-K+を2台、初の出荷。

DDR3メモリの配線をやりなおした基板 (Type-A) を作る。DDR3-1600アクセス成功。

XILINXのIPコアを使ったCombined Writeは、やはり遅い。

Cosmo-K0を2台出荷。

2017年1月

PCI Expressを実装したFPGAを、システムリブートなしに効率的に検証する方法の確立。

LinuxでのCombined Writeのやり方。Windowsでのバーストライトの実験。

1G ADCからのJESD204Bデータの受信実験。

DDR3メモリの配線が悪く、1600MHzでアクセスできないので基板の設計をやりなおす。

2016年12月

40Gbpsモジュールの動作確認。1Gbps ADCボードの動作確認開始。

2016年11月

実装完了。DDR3メモリ、USB、Kintex-7でのPCIe Gen2 x4の動作確認成功。展示会出展。

2016年10月

基板設計完了。FPGAのサイズを間違えていて、再設計。基板製造完了。

2016年9月

基板のコンセプトが決まり、設計を開始


© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved