製品情報>Kintex-7 PCIe Express光ボード「Cosmo-K」>PCI Expressサンプルデザイン>PCI Express DMAテストソフト

PCI Express DMAテストソフト

このページでは、PCI Express DMAソフトウェアについて説明します。

このソフトウェアはWindows用のコンソールアプリで、PCI Express経由でDDR3メモリに対してDMAを発行して、乱数データを読み書きし、速度を測定することができます。

ソフトウェアはソースコード付きで提供されるので、お客様はこのソフトを書き換えて、用意にお客様のアプリケーションを開発できます。

例えば、高速な画像取り込み装置や、ギガビットトランシーバ制御装置のサンプルコードとして使用できます。

必要なソフトウェアは下記のURLからダウンロードしてください。

 → VisualStudioのプロジェクトファイルのダウンロードはこちら

 → デバイスドライバのダウンロードはこちら

ファイルとディレクトリの説明

tkpe2test.zipをダウンロードし、解凍すると以下のようなファイルが得られます。

ソフトウェアの起動

ソフトウェアは、上記のReleaseフォルダに入っています。

Windowsのコマンドプロンプトを立ち上げて、このフォルダに移動し、

tkpe2test.exe

と入力します。下のような画面が出てヘルプが表示されます。

基本的な使い方は、以下のとおりです。

tkpe2test.exe r サイズ

指定されたサイズのDMA読み出しを行います。

tkpe2test.exe w サイズ

指定されたサイズのDMA書き込みを行います。

tkpe2test.exe c サイズ

指定されたサイズのDMA読み出しと書き込みを行い、結果を比較します。

tkpe2test.exe cont サイズ

指定されたサイズのDMA読み出しと書き込みと比較を連続して行います。

tkpe2test.exe mig

現在のMIGの状態を表示します。

tkpe2test.exe mig pcie

MIGのクロックをPCIeに同期させます(未実装)

tkpe2test.exe mig async

MIGのクロックをPCIeには同期させず、ボード上の水晶発振器を使います。(未実装)

tkpe2test.exe mig off

MIGを停止し、リセット状態にします。

MIGを停止させた場合はmig pcieまたはmig asyncで元に戻るべきなのですが、現在のバージョンでは戻りません。MIGの停止と復旧は将来的な課題です。

また、読み書きを行った場合はDMAの転送速度が表示されます。

 

 

プログラムを改良する方法

本ソフトウェアは、Visual C++ 2015で開発されています。

この中の、tkpe2test.vcxprojをダブルクリックするとVS環境が開くので、コンパイルして、ビルドしてください。

なお、コンパイルするにはtkdnpcie.hが、リンクするにはtkdnpcie2.libが、実行するにはtkdnpcie2.dllが必要です。これらのファイルは上記のアーカイブの中に入っています。

 

ライセンス

このサンプルプロジェクトおよび、ライブラリ、デバイスドライバは、当社のComso-Kで使用する上では自由に使用できます。エンドユーザへの再配布も可能です。

Cosmo-Kではなく、お客様が開発したハードで使用する場合も基本的に無償で使用できますが、無保証であることの確認のため、あらかじめご連絡ください。

 


© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved