製品情報>Kintex-7 PCIe Express光ボード「Cosmo-K」>PCI Expressサンプルデザイン>PCIe汎用DMAデバイスドライバ

PCIe汎用DMAデバイスドライバ

このページでは、PCIe汎用DMAデバイスドライバ(TKPE2)について説明します。

TKPE2ドライバは、XILINX PCI Express DMAコアに対応した汎用のWindows用デバイスドライバです。

ドライバのダウンロード

以下のリンクから、Cosmo-K用のDMA対応デバイスドライバをダウンロードしてください。

ZIPファイルを解凍するとWin7とWin10というディレクトリがあります。Win7ディレクトリにはWin7/Win8 x64用のドライバが、Win10用ディレクトリにはWindows10 x64用のドライバが格納されています。

Windows10における準備

BIOSの設定でセキュアブートを無効にしてください。当社のドライバはEVコードサイニングで正しく署名されていますが、現時点ではMicrosoftの署名を経ていないので、Windows10の構成によって動作しない場合があります。

対応FPGAデザイン

このデバイスドライバは、以下のベンダID:デバイスIDを持つデバイスを認識します。FPGAを論理合成する際に、下記の組み合わせにしてください。

製品名 ベンダID(16進) デバイスID(16進)
Cosmo-K- 1BC8 1096
Cosmo-K+ 1BC8 1097
Cosmo-K0 1BC8 1078

ドライバのインストール

PCI Expressのデザインが書き込まれたROMでFPGAを起動すると、最初は不明なデバイスとして認識されます。Cosmo-Kのサンプルデザインはクラスコード0x110000で設定しているので、不明なDPIOデバイスとして認識されます。

 

 

そうしたら、デバイス・ドライバ・パッケージ中のdpinst.exeを起動してください。

 

ドライバがインストールされます。

 

このドライバを使ったアプリケーションの開発方法は次のページをご覧ください。

 

ライセンス

以下の条件のもと、どなたにでもこのドライバを使用することを許諾します。

  1. このソフトウェアは当社の著作物です。
  2. このソフトウェアは無保証です。特殊電子回路は実行結果に対して一切の責任を負いません。
  3. 当社Webサイトからダウンロードしたファイル(ソースコード、DLL、LIB、SYS)を再配布することはできません。
    • お客様がtkdnpcie.libをリンクして生成したバイナリを再配布することは可能です。
    • ソースコード、DLL、LIB、SYSは再配布できません。再配布先のエンドユーザに当社のWebサイトからダウンロードするように伝えてください。

© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved