ZYNQ搭載 ADCボード「Cosmo-Z」>このような用途に最適

このような用途に最適

多数のセンサを使う計測

Cosmo-Zは1つの基板で8ch。最大32chのADCを集積しているので、コンパクトなサイズで多数の入力チャネルを用意することができます。

マルチアノード光電子増倍管や、MPPCアレイなど、多数のセンサからの信号を検出する場合に最適です。

 

 

 

 

高速なフィードバックが必要な実験

例えば、プラズマの制御や、スピンの測定、量子コンピュータの研究などでは、ADCで計測した値を元に演算を施して、DACで出力し、何かの状態を制御する必要になることがあります。

汎用のDAQシステム(ADC+DAC)を使う場合

汎用のADCボードやDACボードを使って対象物を計測・制御する場合は、パソコンを用いて計算を行います。WindowsやLinuxのデバイスI/Oでは数10μ秒~数10m秒の遅延が生じてしまい、対象物がうまく制御できなくなる可能性があります。

 

Cosmo-Zを使う場合

Cosmo-Zを使うと、ADCからDACに至る経路をFPGA内で処理するので、遅延時間を数百nsにまで短くすることができ、対象物をきめ細かく制御できます。

また、FPGAのロジックでは難しい複雑な演算は、Cosmo-Z上のARMプロセッサで計算することもできます。ARMプロセッサの内部バスはFPGAに直結していて、基本的に遅延時間はありません。ARMプロセッサはC言語でプログラミングできるので、学部4年生や院生が研究内容に合わせてプログラミングできます。

 

 

計測した値や、出力した値を記録したりパソコンからモニタしたり、制御パラメータを変更することもできます。

このような研究に使われています

  • 宇宙線の観測
  • 断層のモニタリング
  • パルス形状による粒子判別
  • 宇宙線の寿命測定
  • 核融合プラズマの測定
  • リアルタイム量子制御
  • レーザダイオードの発振特性の評価
  • 低温物性
  • 気象レーダ
  • 移動体の衝突回避

 


© 2015 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved