ZYNQ搭載 ADCボード「Cosmo-Z」>ソフトウェア情報>ソフトウェア情報>DeviceTreeの生成

DeviceTreeの生成

Linuxをビルドしたディレクトリの配下に以下のディレクトリがあります。

linux-xlnx/arch/arm/boot/dts

この中の

linux-xlnx/arch/arm/boot/dts/zynq-zed.dts

を元に作ります。

ダウンロードページからdevicetree.dtb をダウンロードするのであれば、この作業は必要ありません。

Device Treeソースの編集

ZedBoardとCosmo-Zの大きな違いは、Gigabit EtherのPHYのアドレスです。ZedBoardではアドレス0でしたが、Cosmo-Zではアドレス7です。

したがって、zynq-zed.dtsを以下のように編集し、zynq-cosmoz.dtsというファイル名で保存します。

  phy0: phy@0 {
    reg = <0>;
  };
      ↓
  phy0: phy@7 {
    reg = <7>;
 };

 

また、Cosmo-Zでは1GBのメモリを搭載していますが、DMAバッファ用に768MByteを確保したいと考えています。そこで、

chosen {
      bootargs = "console=ttyPS0,115200 root=/dev/ram rw earlyprintk";
               linux,stdout-path = /amba/serial@e0001000;
};

                              ↓

chosen {
            bootargs = "console=ttyPS0,115200 mem=768M root=/dev/ram rw earlyprintk";
           linux,stdout-path = /amba/serial@e0001000;
};

 

と追加します。

その後、

make zynq-cosmoz.dtb

 

上記コマンドを実行すると、linux-xlnx/arch/arm/boot/dts/にzynq-cosmoz.dtbが生成されます。このファイル名をdevicetree.dtbに変更したら完成です。


 


© 2015 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved