オンラインショップ
問い合わせ
即日発送 送料無料 佐川急便かクロネコでお届け。カード、銀行振り込み、代引き決済。
製品情報>ZYNQ搭載ADCボード「Cosmo-Z」>チュートリアル>トリガについて

トリガについて

Cosmo-Zのトリガは、チャネルごとに閾値を設定し、閾値を超えた(Rise/Fall)などの条件で発生させるチャネルトリガと、各チャネルのトリガをORまたはANDで条件をとって作る全体のキャプチャトリガがあります。

 

トリガの種類 用途 トリガの場所
チャネルトリガ 各ADCチャネルでのトリガ発生
・イベントモードでのキャプチャの開始
各チャネルに1つずつ
外部トリガ 外部からのキャプチャ開始入力など 4つの外部入力
キャプチャトリガ オシロモードでのキャプチャの開始 全体で1つ

 

 

トリガ回路の全体像

Cosmo-Zのトリガの全体像は下の図のようになっています。

チャネルトリガはイベントモードでの計測を開始するためのトリガとして使われるほか、全体のキャプチャトリガを発生させるソースとなります。

外部トリガは、ディジタルのトリガ入力であり、例えばパルスレーザのポンプ光など、外部からのキャプチャ開始入力として使われます。

外部トリガとチャネルトリガの論理式により、キャプチャトリガが生成されます。

キャプチャトリガ

オシロモードでキャプチャを開始するためのトリガです。各チャネルのチャネルトリガの全体のORまたはANDで、キャプチャトリガが生成されます。

図 チャネルトリガとキャプチャトリガ

 

キャプチャトリガが生成されると、オシロモードでのキャプチャが開始します。

 

チャネルトリガ

各ADCチャネルに備わっている回路で、ADC値が指定の値を上回ったときや下回ったときにトリガを発生させます。

チャネルトリガによって、イベントモードのキャプチャが開始します。

チャネルトリガの設定には以下のようなモードがあります。

モード 動作
OFF 設定値とは関わりなく、トリガ常にトリガを発生させます。
UPPER 設定値を上回ったときにトリガを発生させます。
LOWER 設定値を下回ったときにトリガを発生させます。
RISE 設定値を横切って設定値を超えたときに、1クロック分のトリガを発生させます
FALL 設定値を横切って設定値未満になったときに、1クロック分のトリガを発生させます
CROSS 設定値を横切った場合に1クロック分のトリガを発生させます(RISEとFALLのOR)
DISCRI 無信号時の値より設定値分下回った場合にトリガを発生させます。放射線計測回路がインストールされている場合のみ有効です。
DSP 別途作成したDSP(信号処理回路)からのトリガを入力します。標準では使用できません。
LINKAGE 他のチャネルにトリガが発生した場合に、当該チャネルもトリガが発生したとみなします。

 

RISEとUPPER、FALLとLOWERの違いは以下のとおりです。RISEとFALLは1クロック分のトリガしか出しませんが、UPPERは閾値を上回っている(下回っている)期間、トリガを出し続けます。

全体ANDを使用して外部トリガなどとANDして計測を開始したい場合に、RISEまたはFALLだとトリガタイミングが正確に一致しないと全体トリガが出力されませんが、UPPERまたはLOWERだと期間中トリガが出力されるので、うまくいくようになります。

 

LINKAGEについて

LINKAGEは、他のチャネルのトリガが発生した場合に、当該チャネルもトリガが発生したとみなすモードです。

下の図はCH1にRISEトリガを指定し、CH2,3,4にはLINKAGEを指定した場合の動作です。

 

 

トリガの判別を行っているのはCH1のみですが、CH2,3,4にLINKAGEを指定しているため、イベント計測モードではCH1,2,3,4が計測されるようになります。

LINKAGEトリガの元にはEXTトリガ(外部入力)も使用できるので、外部からのディジタル入力に同期して、イベントキャプチャを行うことが可能です。

 

 

 

 

 


© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved