ZYNQ搭載 ADCボード「Cosmo-Z」>使用方法>Webインタフェース

Webインタフェース

Cosmo-Z (Version 0.6.1以降)はWeb経由でアクセスできます。世界中のどこに設置していても、インターネット経由で波形を取得したり、トリガ条件の変更などが行えます。

Webアクセスのための準備

最新の起動データを Cosmo-Z起動データ からダウンロードしてください。これを解凍してSDカードに一式を保存してください。その中のinit.shと、resolve.confを編集してください。

init.shの中にはCosmo-ZのIPアドレスを設定する箇所があります。デフォルトでは192.168.1.80、デフォルトゲートウェイが192.168.1.1になっているので、お客様のネットワーク環境に合わせて変更してください。

ifconfig eth0 inet 192.168.1.80
route add default gw 192.168.1.1

また、/mnt/resolv.confには、ネームサーバのアドレスが書かれているので、お客様の環境に合わせて変更してください。

nameserver 192.168.1.1

編集したらリブートしてください。

(viを用いてCosmo-Z上で変更した場合は、必ずsyncと打ってからリブートしてください。syncをしないとSDカードに書きこまれません。)

Webアクセス画面の説明

メインコントロールパネル

Cosmo-Zにアクセスすると(ここでは192.168.2.80に設定)、次のメインコントロールパネルが開きます。

この画面では、現在の時刻の表示、FPGA内部カウンタ(10ns単位でクロック数を数えている)、ADコンバータのリンクアップ状態、温度などが表示されます。

※ 拡張機能、HDD/SSD、SDカード容量の表示は動作していません。

計測設定パネル

メインメニューから「計測の設定」を開くと、計測設定パネルが開きます。

このパネルでは、ADコンバータのサンプリングレートの設定、ADCのチップのリセット、ADCボード枚数の設定、ADCボードのバージョン設定、テストモードの設定、各チャネルのオフセット、ゲイン、遅延の調整が行えます。

※ADCボードバージョンは、シリアル番号001~005までのお客様は、チェックボックスをOFFにした状態、シリアル番号006以降のお客様はチェックボックスをONにした状態にしてください。

オフセット、ゲイン、遅延は、ADCでサンプリングされたデータに対して、FPGA内部で足し算、掛け算、プログラマブルディレイを挿入することで実現しています。

ファイルメニュー

ファイルメニューを開くと、過去に計測されたデータの一覧が閲覧できます。

ファイル名をクリックすると、そのファイルに記録された波形が表示されます。

記録された波形は、画面上の拡大、縮小、矢印ボタンなどを使って任意の位置を表示できます。また、波形データには、記録された日時やトリガ情報なども含まれているので、合わせて閲覧できます。

波形モニタ画面

波形モニタ画面では、現在、ADCに入力されている見るを閲覧することができます。CH1は茶色、CH2は赤、CH3はオレンジ・・(抵抗のカラーコード同じ)色で、8~32チャネルの波形が描かれます。

また、トリガやキャプチャ長を設定することでき、オシロと同じようにAuto、Normal、Singleトリガを設定してキャプチャすることができます。

 

Cosmo-ZのWebインタフェース画面は、これからもどんどん進化を続けていきます。

 


© 2015 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved