製品情報>販売終了製品>特電FX3評価ボード>ダウンロード

ダウンロード

デバイスドライバ

特電FX3ボード用のデバイスドライバです。Cypressの開発したCyAPIと基本的に同じですが、初期版のEZ-USB FX3や、DIPスイッチの設定が異なる場合に合わられるPIDなど、様々なVID,PIDのバリエーションに対応しています。また、署名も施してあるので64bit版Windowsでもご利用いただけます。

ファームウェア

特電FX3ボード用のファームウェアです。データバス32bit幅です。DMA用のバッファのサイズなどが変更され、300MB/s超の速度が出るようにカスタマイズされています。また、安定してFPGAと通信できるように、FLAGBにWaterMark機能が使われています。

 

更新点

  • Intelのホストチップでも正常に動作するようになった。USB-JTAG機能を内蔵した。(平成26年4月4日)
  • USB2.0で接続しても通信できるようになった(平成25年6月17日)

FPGAサンプルデザイン

FPGA内にIPコアを埋め込み、ブロックRAMやDDR2 SDRAMとの間でデータを転送することができます。

また、FPGA内に内蔵レジスタを埋め込む回路も含まれているので、さまざまな回路を設計するときのひな形としてご利用いただけます。使用方法の詳細はこちらをご覧くださ。

サンプルアプリDOSプロンプト版

np1052test.zip (2013年6月17日)  6月17日更新!

FPGAサンプルデザインと共に使い、FPGA内のメモリやDDR2メモリに対してデータを読み書きすることができます。使用方法の詳細はこちらをご覧ください。

更新点

  • 16MB以上の転送を連続して実行しても安定して動作するようになった(6月17日)
  • VisualCのラインタイムライブラリ(msvcrt100d.dll)が不要になった(6月17日)

サンプルアプリWindows版

fx3win.zip (2013年6月17日)  6月17日更新!

FPGAサンプルデザインと共に使い、FPGA内のメモリやDDR2メモリに対してデータを読み書きすることができます。読み出したデータは画像として表示できます。使用方法の詳細はこちらをご覧ください。

更新点

  • 16MB以上の転送を連続して実行しても安定して動作するようになった(6月17日)
  • VisualCのラインタイムライブラリ(msvcrt100d.dll)が不要になった(6月17日)

回路図&部品表

本ボードの回路図ならびに使用している部品の一覧です。

 


© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved