特電FX3評価ボード>テストアプリ(dos)

テストアプリ(dos)

テストアプリ(DOSプロンプト版)について

DOS版のテストアプリ(np1052test.exe)を使うと、特電FX3ボードと、Spartan-6 FPGA内のサンプルデザインを通じたデータ転送の実験を手軽に行うことができます。

 

機能

イメージファイルの転送
  • 内蔵RAMへの、イメージファイル転送
  • SPI ROMへのイメージファイル転送 (現時点では未実装)
  • I2C ROMへのイメージファイル転送 (現時点では未実装)
データのBulkIN、BulkOUT
  • シーケンシャルな数列(8bit,16bit,32bit)、乱数列を生成して送信
  • 読み書きデータの照合
  • 転送速度の測定
  • 読み出したデータをファイルに保存

使い方

起動

MS-DOSプロンプトを起動し、np1052test.exeと入力して、当アプリを起動します。

このとき、VID=2129、PID=0520ではないデバイス(VID=1480、PID=0000など)が見つかった場合は、自動的にSlaveFifoNP1052.imgをRAMに転送してFX3を再起動します。

したがって、必ずしも前もってSPI ROMなどにイメージファイルを書き込んでおく必要はありません。

 

コマンド書式

NP1052testのコマンドライン書式は次のとおりです。

 

np1052test.exe { r | w | rw | spiwr | i2cwr} [オプション]

 

コマンドは以下の5種類です。

r 読み出し(BulkIn)を行う
w 書き込み(BulkOut)を行う
rw 書き込みと読み出し(BulkOutとBulkIn)を行う
spiwr

ファームウェア(SlaveFifoNP1052.img)をSPI ROMに書き込む (未実装)

i2cwr

ファームウェア(SlaveFifoNP1052.img)をI2C ROMに書き込む (未実装)

オプション

オプションは、BulkIn、BulkOutのときに使います。以下のものがあります。

rand

BulkOutで送信するデータを、XorShiftで生成された乱数列にする(デフォルト)

seq8

BulkOutで送信するデータを、8bitのシーケンシャルは数列にする
(0x00,0x01,0x02,…)

seq16

BulkOutで送信するデータを、16bitのシーケンシャルは数列にする
(0x0000,0x0001,0x0002,…)

seq32

BulkOutで送信するデータを、32bitのシーケンシャルは数列にする
(0x00000000,0x00000001,0x00000002,…)

数字

転送するデータ長をバイト単位で指定する(デフォルト=128)

loop

BulkOut/BulkInを、エラーが止まらない限り何度も繰り返す

nocomp

コマンドにrwを指定したときに、照合しない(エラーも出ない)

wait

BulkOutのときにランダムなタイミングでWAITをかける

sdram

Spartan-6ボード上のDDR2 SDRAMに対して転送する(デフォルト)

bram

Spartan-6内のBlockRAMに対して転送する

ireg

Spartan-6内の内蔵レジスタに対して転送する

tptn

IN転送時、Spartan-6内からテストパターンジェネレータから受信する
OUT転送時、送信したデータは捨てられる

save

IN転送で受信したデータをread.binというファイル名で保存する

addr {offset}

コアのaddr_o端子から出力される値を指定する。この値は、BlockRAMやDDR2 SDRAMの任意のアドレスのメモリを読むために指定する

コマンドの例

いくつかのコマンドの例を示します。

np1052test.exe rw

DDR2 SDRAMに対して128バイトの乱数列を送受信して、その結果をエラーがないかどうか照合する

 

np1052test.exe r 16777216 save

DDR2 SDRAMの先頭から16Mバイトのデータを受信して、その結果をread.binに保存する

 

np1052test.exe r 16777216 save addr 10000

DDR2 SDRAMのアドレス0x10000から16Mバイトのデータを受信して、その結果をread.binに保存する

 

np1052test.exe rw 131072 bram loop

BlockRAMに128kBのデータを送受信して、その結果をエラーがないかどうか照合する

 

np1052test.exe w 16 ireg

内蔵レジスタに16バイトのデータを送信する

 

np1052test.exe r 307200 tptn

テストパターンジェネレータから307200バイト(VGA画像のサイズ)のデータを受信する

 

np1052test.exe rw 16777216 loop bram nocomp

BlockRAMに16Mバイトのデータを読み書きし、何度も繰り返す。エラーチェックは行わない。

 

 


Copyright(C) 2012-2013 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved.

 


© 2015 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved