会社情報>イベント案内>IPAX2008

IPAX2008

 

イベント情報

IPAX2008  IPAX2008に出展します

 

特殊電子回路?は、平成20年5月27日(火)から28日(水)に、東京ドームシティプリズムホールにて開催される「IPAX2008」に出展します。

※独立行政法人情報処理推進機構の主催する展示会です。

 

 

本展示会では、以下の内容を予定しております。

  • 新しいFPGA開発ツール「MITOUJTAG Pro」のご紹介
  • MITOUJTAG Proのデモンストレーション
  • MITOUJTAG Pro 体験版CD-ROM配布

 

開催概要

 

 

弊社展示の趣旨

電子回路、とりわけ、組み込み機器のデバッグでは、ひとたび「ちゃんと設計したはずの基板が動かない」、「CPUが動いているのかどうかさえわからない」、「FPGAが起動しない」、「配線がちゃんとつながっているのか怪しい」などの問題が発生すると、原因究明に無駄な時間を費やしてしまうことになりかねません。

 

従来は、このような問題の解決には経験と勘のようなものが必要とされてきましたが、JTAGを使うとこれらのデバッグに要する時間を大幅に削減することができ、問題点を素早く見つけることが可能になります。

 

このような事例をデモ形式で展示します。

お客様の皆様に直接お会いすることができるのを楽しみにしております。
当日会場では、当社のJTAGソリューションについて忌憚のないご意見をお聞かせ下さい。

 

 

講演内容

 今回は講演は行いません。弊社ブースでお待ちしております。

 

MITOUJTAG体験版について

  •  

 最新のMITOUJTAGの使用感をできるだけ多くの方に体験していただくために、特殊電子回路ブースへお越しいただいた方に、「MITOUJTAG Pro 体験版」を無償でお配りします。

 

 体験版をご希望の方は、お名刺をご用意のうえ、弊社ブースへお越しください。

  ※お名刺をいただけないと体験版CD-ROMをお渡しできませんので、ご注意ください。

 また会場で配布する体験版は先着50枚と枚数に限りがございます。品切れの場合はご容赦ください。

 

 

  • ※MITOUJTAG Pro 体験版2.0の仕様と制限

    • ● Advanced JTAG Logic Analyzerなど、最新の機能を搭載

      ● 論理合成せずにFPGAが動くアドバンスドJTAGファンクションジェネレータ機能搭載

      ● 基板検査も可能

      ● 30日間の試用期間

      ● 単一のJTAGチェーンに接続できるデバイス数は最大2個

      ● 1回の操作でフラッシュメモリに書き込めるサイズの制限(〜1kWordまで)

     

 

 


Copyright(C) 2008 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved.

 


© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved