JTAG総合情報サイト>MITOUJTAGとは>ラインナップ>MITOUJTAG BASIC

MITOUJTAG BASIC

BGAの裏側の信号が見える、変えられる!

 

なぜ今までオシロで頑張っていたのか・・
もっと早く使っていれば・・・(体験談より)

 

   ¥94,600 (税別)

    

MITOUJTAGBASICは、はじめてJTAGバウンダリスキャンを利用する方のためのエントリ・バージョンです。

このソフトウェアをお使いいただくと、FPGAやCPLD、組み込みCPU、ASIC、DSPなどのI./O端子の状態を貴方のパソコンの画面上でリアルタイムに見ることができるようになり、また、ICの動作を止めてI/O端子を自由自在に操作することもできるようになります。

XILINXやALTERAのFPGAに書き込みをおこなったり、ロジックアナライザのように波形を観測したりするということも可能です。FPGAとコネクタがつながっているかを1本1本調べるのも、マウスクリックだけでできてしまいます。

本ソフトウェアを一度でもご利用いただくと、BGAの裏側の信号を見ることで苦労していた昔の状態には、戻れなくなるでしょう。

MITOUJTAG 機能一覧

機能詳細

Light

BASIC

Pro

JTAGコマンド発行
インフラストラクチャテスト
デバイス自動認識
BSDLファイル読み込み機能
ICの端子の状態を画面に可視化
任意の端子をマウスで操作
出力の衝突判定
ウォッチウィンドウ ×
ウォッチモード
ノーマルモード
BLOGANAモード(オンチップロジアナ機能) ×
デバイスプログラミング XILINX、ALTERAのFPGA/CPLDへのデバイスプログラミングの実行
マルチウィンドウ
ヘルプファイルの提供
ピン定義ファイルの読み込み XILINXまたはALTERA,LatticeのFPGA開発ツールで使用したピン定義ファイルの読込
フラッシュメモリプログラマ バウンダリスキャンを活用し、CPUやFPGAに接続された汎用のパラレル接続フラッシュメモリに書き込む機能 ×
SVF実行機能  SVFファイルの実行による汎用的なデバイス プログラミング機能 ×
シンプル基板接続検査機能(Ver2.6から)                    FPGAやCPU端子が、他デバイスに接続されているか、あるいはオープンなのかを自動的に調べる機能 × ○   ※1ヶ月試用版
スクリプト機能  JTAGファンクションジェネレータ バウンダリスキャンの動作をC言語のスクリプトで記述し、基板検査や導通検査を自動化 × ×

ファンクションテスト  検査対象回路図のネットリストを読み込み、DDR2 SDRAMやフラッシュメモリ等との接続検査

× ×

スクリーンショット

MITOUJTAG BASICのメイン画面です。

MITOUJTAG BASICのメイン画面

 

XILINX Platform Cable USB(黒)およびXILINX Platform Cable USB(赤)に対応しました。

MITOUJTAGなら、ALTERAのFPGAをXILINXケーブルで接続して、スキャンしたり書き込んだりすることも可能です。

Platform USB Cable2でCyclone3に接続 Cyclone3をスキャンしている様子

 

XILINX ZYNQ XC7Z030に書き込みをしている様子

 

Orcad,PowerPCB,KiCAD,Telesis,図研CCFなどを読み込めるようになりました。読み込んだネットリストを見ながらバウンダリスキャンすることもできます。当機能の詳細は、こちらのページをご覧ください。

図 ネットリストを読み込み、バウンダリスキャン結果を表示

 

バウンダリスキャンを用いて、基板上の信号ブリッジや、電源/GNDへのショートを簡単に発見できます。本来はMITOUJTAG Proの機能でしたが、お試しとして、MITOUJTAG BASICをインストール後1か月間使用できます。当機能の詳細は、こちらのページをご覧ください。

図 基板の接続検査を行っている様子

アップグレードについて

MITOUJTAG Proとの違い

MITOUJTAG ProとBASICの大きな違いは、基板検査機能の有無です。MITOUJTAG Proは、「ユーザがあらかじめ作りこんだ手順を実行する」ということができます。

MITOUJTAG Proへのアップグレード

MITOUJTAG BASICをお持ちの方は、いつでもProへのアップグレードが可能です。

 

MITOUJTAG BASIC   ¥94,600 (税別)