JTAG総合情報サイト>MITOUJTAGとは>ラインナップ

ラインナップ

MITOUJTAG製品一覧表

MITOUJTAG製品群は、3つのエディション(Pro/BASIC/Light)と、簡易的な「みえたジェイ」というソフトで構成されています。

  • MITOUJTAG Pro基板検査機能を備えたハイグレードバージョンです。
  • MITOUJTAG BASIC…標準バージョンです。オシロやロジアナのような「測定器」としてお使いいただくイメージです。
  • MITOUJTAG Light…バウンダリスキャン可視化とデバイスプログラミングに特化した、個人向けのバージョンです。非営利・非業務目的にお使いいただけます。

各バージョンの機能の一覧を下の表に示します。 

 

分類   

 

概要

Light

2.6

BASIC

2.6

Pro

2.6

JTAG

基本操作

JTAGコマンド発行
EXTEST,SAMPLE,BYPASS,HIGHZなどの基本的なコマンド発行
インフラストラクチャテスト
JTAGチェーンが正常に接続されているかどうかを検査する機能
デバイス自動認識
JTAGチェーンに接続されたデバイスを自動検出
BSDLファイル読み込み機能
ベンダーが提供するBSDLファイルを読み込む機能

バウンダリスキャン

可視化

ICの端子の状態を画面に可視化
FPGAやCPU、CPLDなどの端子の状態(H/L/In/Out)を画面上にリアルタイムに可視化する機能
任意の端子をマウスで操作
FPGAやCPU、CPLDなどの端子の状態を、論理合成やコンパイルなしに、画面をマウスでクリックすることで操作する機能
出力の衝突判定
FPGAやCPU、CPLDなどの端子の状態が衝突しているかどうかを検査する機能
ウォッチウィンドウ
信号の状態を表形式で一覧表示する機能
×

JTAG

ロジックアナライザ

ウォッチモード
ICが入出力する波形をリアルタイムに表示する機能
ノーマルモード
ICが入出力する波形をメモリ上に高速に蓄えて、後から表示する機能

BLOGANAモード(オンチップロジアナ機能)

IC(FPGA)の内部メモリに、波形データを超高速に蓄積し、後から読み出して表示する機能

×

FPGA

開発支援

機能

デバイスプログラミング XILINX、ALTERAのFPGA/CPLDへのデバイスプログラミングの実行

ピン定義ファイルの読み込み

XILINXまたはALTERA、LatticeのFPGA開発ツールで使用したピン定義ファイルの読込

その他

機能

フラッシュメモリプログラマ バウンダリスキャンを活用して、CPUやFPGAに接続された汎用のパラレル接続フラッシュメモリに書き込む機能 ×
SVF実行機能 SVFファイルの実行による汎用的なデバイスプログラミング機能 ×
JTAGファンクションジェネレータ バウンダリスキャンの動作をC言語のスクリプトで記述し、基板検査や導通検査を自動化 × ×
基板検査機能 FPGAやCPUの端子が、他のデバイスに接続されているか、あるいはオープンなのかを自動的に調べる機能 × ×
マルチウィンドウ
ヘルプファイルの提供

接続ケーブル