JTAG総合情報サイト>MITOUJTAGとは>MITOUJTAGのスクリーンショット

MITOUJTAGのスクリーンショット

ターゲットボードとパソコンを専用のUSB-JTAGケーブルでつないだら、


(ルネサスRX62NマイコンにJTAGを接続)

 

ソフトを起動して、自動認識→サンプリング→スタートと操作するだけで、

BGAの端子の状態が見えてしまいます。画面上のや●やは、BGAを上から透かしてみたときの1つ1つの端子の端子の状態をあらわしています。

実は見るだけではなく、マウスでパソコンの画面を触ると、実際の基板を操作することもできてしまうのです。

 

 

信号の変化を波形として見る「ロジアナ機能」も搭載しています。

オシロやロジアナを使わなくても基板全体の動作のようすがわかるので、据え置き型のオシロやロジアナはほとんど使わなくなります。ほとんどのケースはJTAGだけで十分です。

 

 

そのほかにも、XILINX FPGAに書き込んだり、FPGAに接続されたSPI ROMに間接的に書き込むことや、

  

(クリックで拡大)

 

基板のオープンやショート(はんだブリッジなど)を自動的に発見することもできます。