販売終了製品>RaXino(ラクシーノ)>クイックスタート

クイックスタート

プログラムの書き込み方法

コンパイル・リンクが終わったプログラムはSレコードのファイルとなります。

これをボードに書き込むには、下記のいずれかの方法を用います。


 ? MD0のジャンパをショートして、FDTまたはRXPROGを使う
 ? JTAGコネクタにエミュレータ(MITOUJTAGやE1エミュレータなど)を接続する
 ? USBブートローダからプログラムをダウンロードする

 

現時点で最も簡単な書き込み方法は、RXPROGを使う方法です。RXPROGはFDTの代わりに使うツールで、当社で開発したものです。FDTはルネサステクノロジのWebサイトから無償でダウンロードできます。

※上記リンクの中にある「フラッシュ開発ツールキット 【無償評価版】フラッシュ開発ツールキット V.4.08 Release 00 Oct.31.11」をダウンロードしてください。

 

詳しい使い方は、RXduino特設ページで解説します。

 

電源の取り方

DCジャックまたは、USBバスパワーで給電してください。外部から3.3Vを入力しても可です。
DCジャックを用いる場合、入力電源電圧は4.5V〜15V程度です。

 

ジャンパの説明

番号

機能

デフォルト状態

J1

USBのバスパワーがシステムの5Vにつながる

ショート

J2

5VをArduinoコネクタのV50に接続する

オープン

J3

5VをArduinoコネクタのVINに接続する

オープン

J4

システムの3.3Vをアナログ電源につなぐ

ショート

J5

CPUのMD1端子をGNDに接続する

オープン

J6

CPUのMD0端子をGNDに接続する

オープン

J7

CPUのPC7端子をGNDに接続する

オープン

J8

RX63Nでは切り離します。RX62Nではショート。

ショート

J9

RX63Nでは切り離します。RX62Nではショート。

ショート

J10

ブートローダが、ユーザプログラムを起動します。

オープン

J11

加速度センサを接続します

ショート

J12

加速度センサを接続します

ショート

J13

加速度センサを接続します

ショート

J14

加速度センサを接続します

ショート

※J1をショートすると、USBバスパワーで動作します。

※J2、J3をショートすると、Arduino拡張ボード(シールド)が動作しますが、Arduino拡張ボードから5V振幅の信号が送られてきて、RXマイコンを損傷する可能性があります。そのため、これらのジャンパを使用する際にはくれぐれもご注意ください。

※J4をオープンにし、基板裏面のU4に3.3VのLDOを実装すると、アナログ電源をシステムの電源から分離することができます。LDOにはTPS78633などが使用できます。

※J6をショートすると、ブートモードになります。FDTで書き込みができるようになります。

※J5をショートするとUARTブートモード、オープンでUSBブートモードとなります。

※J7は、RX63NでUARTブートとUSBブートを切り替える際に使用します。

 

LEDとスイッチ

LEDは、PA0,1,2,6に接続されています。Hレベルで点灯します。

スイッチはPA7に接続されています。押すとLレベルになります。

 

UARTについて

本ボードはRX62Nの内蔵USBファンクションを使った仮想COMポート(CDC ACM準拠)で通信していただくことを想定しています。そのため、レガシーなRS232Cインタフェースをそのままつなぐためのラインドライバは搭載していません。

 

レガシーなRS232Cインタフェースを使用したい場合は、CN8のP20,P21にTXD,RXD(TTLレベル)をつないでください。ボード上にはRS232Cラインドライバを搭載していないので、お客様の作成するベースボードにてラインドライバを挿入してください。

 

I/Oについての説明

I/Oについて簡単に説明します。

  • 外側のピンヘッダはArduino互換です。
  • 内側のピンヘッダは、当ボード独自の拡張コネクタです。CN11とCN12には、ポートDとポートEが8bitすべて出力されています。
  • 一部の端子(P20,P21,P33,P12,P13,USB0_VBUS,P07)は5Vトレラントです。

 


Copyright(C) 2011 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved.

 


© 2015 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved