製品情報>販売終了製品>RXduinoでお手軽マイコン・プログラミング>セットアップガイド>CubeSuite+を使ってビルドする

CubeSuite+を使ってビルドする

CubeSuite+版をダウンロードするには下記のページへお越しいただき、
https://www.tokudenkairo.co.jp/login2/download.php?keyword=rxduino
一番上にある「rxduino-free-v120cs.zip」を選択してください。

対応ボード

現在のFreeRXduino CS版は、

  • 究極のRX62Nボード
  • RaXino
  • 秋月電子AKI-RX62
  • GR-SAKURA

に対応しています。

簡単な使い方の説明

① CubeSuite+のインストール

CubeSuite+をインストールしてください。CubeSuite+は評価版でも構いません。

CubeSuite+はルネサス殿のWebサイトからダウンロードできます。まず、http://japan.renesas.com/products/tools/ide/cubesuite_plus/index.jsp
へ行き、「ダウンロード」→「無償評価版(2)」をクリックします。

Download_cs

そして、下のほうにある「【無償評価版】 統合開発環境 CubeSuite+ V2.02.00 (一括ダウンロード版)」をクリックしてダウンロードします。

 

② ライブラリ環境の設定

ご利用のボードに合わせて、rxduino-free-v120cs.zipを解凍した中にある、csprojectディレクトリの中にあるバッチファイルを実行してください。

  • 究極のRX62Nボードの場合  ・・・  UseULT62N.bat
  • RaXinoの場合             ・・・  UseRaXino.bat
  • 秋月AKIRX62の場合        ・・・  UseAKIRX62.bat
  • GRSAKURAの場合           ・・・  UseGRSAKURA.bat

Setup_cslib

 

③ CubeSuite+でプロジェクトを開く

 解凍したcsproject\userapp\ディレクトリにあるuserapp.mtpjが、CubeSuite+用のプロジェクトのひな形です。これをCubeSuite+で開いてください。

デフォルトでは、メインのプログラムはuserapp.cppです。userapp.cppの中のsetup()やloop()を書き換えてください。

Csmain

また、このプロジェクトから、userapp.cppを外して、お客様が用意した様々な*.cや*.cppファイルを追加することもできます。

④ コンパイルオプションの変更

 「CC-RX (ビルド・ツール)」のプロパティを開き、「共通オプション」→「よく使うオプション(コンパイル)」→「マクロ定義」を開いてください。Macrodefine

TARGET_BOARD=BOARD_GRSAKURAとなっているので、ご利用のボードに合わせて変更してください。

  • 究極のRX62Nボードの場合  ・・・  BOARD_ULT62N
  • RaXinoの場合             ・・・  BOARD_RAXINO
  • 秋月AKIRX62の場合        ・・・  BOARD_AKIRX62
  • GRSAKURAの場合           ・・・  BOARD_GRSAKURA

 ビルド

CubeSuite+でビルドすれば、motファイルが生成されます。
(初回は、クリーンしてからビルド、またはリビルドしてください)

Rebuild

出来上がったmotファイルは、csproject\userapp\DefaultBuildにあります。これをFDTや、RXprogで書き込めば、RXマイコンが動作します。

Motfile

なお、.absというファイルの実体は、たしかELFです。

E1エミュレータでのデバッグ 

E1エミュレータを接続している場合は、CubeSuite+上からそのままダウンロードして実行、デバッグができます。

E1を使う前に、「RX E1(JTAG)(デバッグ・ツール)」をクリックして、プロパティを出し、メイン・クロック周波数[MHz]を12.0000にセットしてください。

E1config

 

こうして、デバッグメニューの中から「ビルド&ダウンロード」を選べば、E1エミュレータを使ってデバッグができます。

E1debug

 

GR-SAKURA以外で使用する方法 

デフォルトではGR-SAKURA用に設定されていますが、他のボードで使用したい場合は次のようにします。

ライブラリ設定の変更

 上記②の手順で示したバッチファイルを実行します

 上記④の手順で示したTARGET_BOARD=BOARD_****の設定を変更します。

プロジェクトツリーにある「(マイクロコントローラ)」を右クリックして、マイクロコントローラの変更を行ってください。

Change_mpu1

 

CPU種別の変更

究極のRX62Nボードや、RaXino、AKI-RX62の場合はRX62Nの中から適当に選んでください。「R5F562N8*****」の8があっていればよいです。後ろのアルファベットは何でもよいです。秋月AKI-RX62はRX621ですが、RX62NにしておいてもOKです。

Change_mpu2

GR-SAKURAを選ぶときは、「R5F563NBB*****」のB以上であればOKです。

 

これで、CubeSuite+への対応ができるようになります。

RXduinoで快適なRXマイコンライフをご堪能ください。


© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved