Spartan-6評価ボード>周辺部品のピン番号

周辺部品のピン番号

ユーザLED

ユーザLEDは、FPGAがHレベルを出力した際に点灯します。

図2 LED端子の割り当て

 

TKDN-SP6-ESボードでは、下記のようにFPGAの端子に割り当てられています。

 

表1 TKDN-SP6-ESにおけるLEDの端子割り当て

部品番号

信号名

FPGAの
端子番号

D1 led_op(0)

B11

D2

led_op(1)

A10
D3

led_op(2)

C9
D4

led_op(3)

A9
D5

led_op(4)

B9
D6

led_op(5)

A8
D7

led_op(6)

B8
D8

led_op(7)

A7

 

TKDN-SP6-16とTKDN-SP6-45ボードでは、下記のようにFPGAの端子に割り当てられています。

 

表2 TKDN-SP6-16/45におけるLEDの端子割り当て

部品番号

信号名

FPGAの
端子番号

D1

led_op(0)

F13

D2

led_op(1)

C11
D3

led_op(2)

C9
D4

led_op(3)

A9
D5

led_op(4)

B9
D6

led_op(5)

A8
D7

led_op(6)

B8
D8

led_op(7)

A7

 

プッシュスイッチ(青色)

プッシュスイッチは、押されたときにHレベルとなります。

図3 プッシュスイッチ端子の割り当て

 

下記のようにFPGAのD6番端子に割り当てられています。

 

表3 TKDN-SP6-16/45におけるプッシュスイッチの端子割り当て

部品番号

信号名

FPGAの
端子番号

SW1 pushsw_ip

D6

 

再コンフィギュレーション・ボタン(赤色)

再コンフィギュレーション・ボタンは、FPGAのPROG端子に接続されていて、このボタンが押されるとFPGAのコンフィギュレーションデータが消え、SPI ROMから再起動しようと試みます。

プッシュスイッチは、押されたときにHレベルとなります。

 

表4 再コンフィギュレーションボタンの端子割り当て

部品番号

信号名

FPGAの
端子番号

SW2 cfg_prog

V2

 

水晶発振器

水晶発振器は、基板裏面に実装されています。周波数は50MHzで、100ppmまたは50ppmの精度です。

 

表5 水晶発振器の端子割り当て

部品番号

信号名

FPGAの
端子番号

U10 xtalclk_ip

D11

 

外部JTAG端子

外部JTAG端子は、XILINXのPlatformUSBケーブルを接続する際に使用します。

本ボードではオンボードのUSB-JTAGがあるので、通常は使用しません。

その他、コンフィギュレーション制御用のDONEとPROGも出力されています。

 

表6 JTAGコネクタの端子割り当て

端子番号

信号名

機能

CN1-1 CFG_DONE

コンフィギュレーションの完了を示します。

CN1-2 CFG_VCC

コンフィギュレーションケーブル用の電源出力です。

CN1-3 FPGA_TMS

JTAG信号です。

CN1-4 CFG_PROG

コンフィギュレーションの再開を要求します。

CN1-5 FPGA_TCK

JTAG信号です。

CN1-6 FPGA_TDO

JTAG信号です。

CN1-7 GND

コンフィギュレーションの完了を示します。

CN1-8 FPGA_TDI

JTAG信号です。

 

SPI ROM用外部コネクタ

SPI ROM用外部コネクタは、XILINXのPlatformUSBケーブルを接続して、Direct SPIモードで使用する際に使用します。通常は使用しません。


© 2015 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved