JTAG総合情報サイト>JTAGとは何か>JTAG入門>JTAGのハードウェア

JTAGのハードウェア

JTAGは4~5本の線をつかって、シリアル通信を用いてICの内部回路と通信します。

最近のほとんどの大規模なICはJTAGに対応しており、「テスト用」と記された4~5本の端子が用意されています。これらのテスト用端子の信号を操作すると、ICに内蔵されたさまざまなデバッグ/テスト機能にアクセスして、パソコン上から電子回路の動作検証を行うことできるようになります。

 

JTAGは、下の写真のように数本の配線でパソコンとターゲット基板つなぐだけで使えます。従来のロジックアナライザのようにたくさんの線をつなぐ必要はありません。

JTAGの配線

 

最近のFPGA、CPLD、RISC CPUは、ほとんどみなJTAGに対応していますので、JTAGを有効に使わなければ非常にもったいないことになります。