JTAG総合情報サイト>MITOUJTAGとは>ラインナップ>MITOUJTAG Light

MITOUJTAG Light

MITOUJTAG Light 3.1には下記のような問題点が報告されています。

① JTAGロジアナを開くとエラーが出て落ちる

原因:Excel形式でExportできるようにしようとした結果、bcb2kaxserver60.bplという追加のDLLファイルが必要になってしまったが、インストーラに入っていないため

対策:下記のURLからbcb2kaxserver60.bplをダウンロードして、MITOUJTAGをインストールしたフォルダのbinフォルダにコピーして入れてください。

http://www.tokudenkairo.co.jp/secret/bcb2kaxserver60.bpl

 

② J-Writerで使えない

原因:2012年の更新が原因と思われる

対策:下記のURLからDLLをダウンロードし、中に入っているjwriter.dllをMITOUJTAGをインストールしたフォルダの、cableフォルダの中にコピーして置き換えください。

http://www.tokudenkairo.co.jp/secret/mitoujtag_jwriter_dll.zip


趣味でもFPGAを極めたいハイレベルなエンジニアの皆様へ 話題沸騰!個人向けMITOUJTAGがなんと!34800円で登場!!

年末大セール!

  BGAの裏側の信号が見える、触れる!
趣味のFPGAを100倍楽しくするツール

2016年12月26日
MITOUJTAG Light出荷開始予定

ネットリストと基板検査、BLOGANAにも対応!

ご購入はこちら ダウンロードはこちら

期間限定・数量限定です。ご注文はお早目に。

Pocket JTAG Calbeとのセットで49,800円(税込)
になるお得なキャンペーンも実施中!

MITOUJTAG Lightは、趣味でFPGAやハイエンドCPUを極めたい、ハイレベルなエンジニアのための個人向けMITOUJTAGです。

世界に一つしかない高度な作品を作るMakerや、日夜ZYNQの回路を設計し続けるハイレベルなGeekなら、ぜひ持っていたいツールです。

このソフトウェアをお使いいただくと、FPGAやCPLD、組み込みCPU、ASIC、DSPなどのI/O端子の状態を、あなたのパソコンの画面上でリアルタイムに見ることができるようになります。また、ICの動作を止めてI/O端子を自由自在に操作することもできるようになります。

MITOUJTAGの動作イメージ

ひとことで言えば、FPGAのデバッグでオシロスコープを不要にしてしまうツールです。オシロがなくてもFPGAの開発がサクサクできるようになります。

また、XILINXやALTERAのFPGAに書き込んだり、ロジックアナライザのように波形を観測したり、はんだ付けのブリッジを発見したりするのも、マウスクリックひとつでできてしまいます。

本ソフトウェアを一度でもご利用いただくと、もう昔のやり方には戻れなくなるでしょう。

目次

[MITOUJTAG Lightとは] [スクリーンショット] [注文情報]

[MITOUJTAG3.1の新機能][動作環境][よくある質問][キャンペーン情報]

 


はじめに

特殊電子回路では、JTAGを使った快適なデバッグ環境をハイレベルな個人の方にも体験していただきたいと思い、冬休み・お正月期間にMITOUJTAG Lightを提供することにしました。

他社製品では従来は百万円以上もしていたバウンダリスキャンを、ひとりひとりのMakerやエンジニアに使っていただき、個性的で優れた作品が日本から世界に発信されていくことを願って、このツールを提供させていただきます。海外製の百万円以上するJTAGバウンダリスキャンツールにもできなかったことや、できなかった快適さが、あなたのデスクトップで動きます。

ただし、この価格でずっとやっていくのは難しいので、期間限定・数量限定とさせていただきます。具体的には、2016年12月から2017年1月15日までの期間限定で、30個という数量限定で提供させていただきます。何卒ご了承くださいませ。品切れの場合はご容赦ください。


MITOUJTAG Lightの機能

MITOUJTAG Lightの機能

 主な機能は下記のとおりです。

MITOUJTAG BASICとの違い

MITOUJTAG BASICにできて、MITOUJTAG Lightにできないことは、

  • フラッシュROMプログラマ (NOR型フラッシュROMへの書き込み)
  • SVFプレイヤー
  • 商用利用(個人事業者も不可)
  • 電話・メールでのサポート (ブログ、掲示板、Twitter等を利用してください)
  • 購入の際の請求書・納品書の発行

です。

MITOUJTAG Light 3.1の新機能

Vivado対応

Vivadoのプロジェクトでは、ソースファイルや制約ファイル(XDC)、BitStreamなどが奥深いディレクトリに格納されています。それらをすばやく見つけて、書き込み、BLOGANA読み出し、ピン定義などを行えます。

波形エクスポート

JTAGロジアナや、BLOGANAで取得した波形を業界標準のVCD(Value Changed Dump)で出力できるようになります。また、CSVファイルでも出力できるのでEXCELでグラフ化も容易に行えます。

BLOGANA2コア

XILINX FPGAの中にBlockRAM式ロジックアナライザを埋め込むことができます。200MHzや300MHzでの波形キャプチャや、WindowsのGUI操作からFPGA内のロジックへ、ポチポチと信号を与えることが可能です。本来はMITOUJTAG BLOGANAの機能でしたが、お試しとして、MITOUJTAG Lightをインストール後6か月間使用できます。

シンプル基板接続検査機能

バウンダリスキャンを用いて、基板上の信号ブリッジや、電源/GNDへのショートを簡単に発見できる機能です。本来はMITOUJTAG Proの機能でしたが、お試しとして、MITOUJTAG Lightをインストール後3か月間使用できます。

当機能の詳細は、こちらのページをご覧ください。

図 基板の接続検査を行っている様子

XILINXケーブル接続機能 (標準で対応。使用制限なし)

XILINX Platform Cable USB(黒)およびXILINX Platform Cable USB(赤)に対応しました。

ALTERAのFPGAをXILINXケーブルで接続して、スキャンしたり書き込んだりすることもできてしまいます。

当機能の詳細は、こちらのページをご覧ください。

写真 Platform USB Cable2でCyclone3に接続

 

図 Platform Cable USBでCyclone3をスキャンしている様子

XILINX 7 シリーズ対応

Artix-7、Kintex-7、ZYNQへの書き込みができるようになりました。

Artix-7についてはコンフィグ用のSPI ROMへの書き込みもできます。

SPIコンフィグROMの書き込みで、MCSに変換しなくてもBitのまま書けます。長時間待つ必要はありません。

図 XILINX ZYNQ XC7Z030に書き込みをしている様子

 

ネットリスト読み込み機能

Orcad,PowerPCB,KiCAD,Telesis,図研CCFなどを読み込めるようになりました。読み込んだネットリストを見ながらバウンダリスキャンすることもできます。当機能の詳細は、こちらのページをご覧ください。

図 ネットリストを読み込み、バウンダリスキャン結果を表示

 

 

スクリーンショット

MITOUJTAG Lightを使用している様々なスクリーンショットを紹介します。

バウンダリスキャン可視化機能

FPGAやCPUの端子を見たり、マウスクリックで値を書き換えたりすることができます。

JTAGロジックアナライザ

数百個のI/Oピンが、JTAGをつなぐだけで見えます。赤線は出力信号、緑線は入力信号です。

FPGAの動作が波形で見えるので、オシロを持っていなくても効率的なデバッグができるようになります。

FPGA書き込み機能

XILINXとALTERAのほぼすべてのFPGAに書き込めます。
(XILINXの場合は、Bitファイル。ALTERAの場合はRBFファイルを書き込んでください。)

SPI ROM書き込み機能

XILINXのSpartan-3E、Spartan-3A、Virtex-5、Spartan-6、Kintex-7、Artix-7 FPGAに接続されたコンフィグ用のSPI ROMに書き込むことができます。

BitStreamをMCSファイルに変換することなく、.bitのまま書き込めます。

(※ZYNQのSPI ROMはJTAGで書き込むことはできないので、MITOUJTAGでも書き込めません。)

他にもたくさんの機能があります。

動作環境

MITOUJTAG Lightをご利用いただくには、

  • パソコン
  • JTAGケーブル
  • ターゲットボード

の3つが必要です。

パソコンの要件

  • Intel86系CPUを搭載し、Microsoft Windows XP,7,8,10が動作すること。
  • 当然ながら64bit版のOSでも動作可能です。
  • Itaniumでは動作確認していません。
  • ARM系CPUが乗ったタブレット型PCでは使用できません。

JTAGケーブル

以下のいずれかのJTAGケーブルが必要です。

  • 特電 Pocket JTAG Cable
  • XILINX Platform Cable USB または II
  • ALTERA USB-Blaster
  • Digilent HS-JTAG
  • 各社パラレルポート接続のJTAGケーブル (XILINX,ALTERAまたはLATTICE互換)
  • 特電 Artix-7ボード (オンボードのARTIX-7をデバッグする場合)
  • 特電 Spartan-6ボード (オンボードのSpartan-6をデバッグする場合)

ターゲットボード

ターゲットボードというのは、あなたが創る基板や、ZYBOやZynqBerryなどの市販の評価ボードです。

JTAG対応デバイス(FPGAなど)が乗っていて、JTAGのピンが出ていることが必要ですが、DigilentのUSB-JTAGが搭載されている場合にはJTAGピンが出ていなくてもご利用いただけます。

注文情報

同梱物

MITOUJTAG Lightは、

  • Pocket JTAG Cable+フライリードワイヤー
  • USB A-Bケーブル
  • XILINX互換14pin リボンケーブル(※現金または代引きでのご購入の方のみ)
  • シリアル番号シート
  • ソフトウェアCD-ROM
  • アンケート用紙

を同梱してお送りしています。また、CD-ROMの中身と同じものを当社Webサイトからもダウンロードできるようになります。

価格

販売価格は、

  1. MITOUJTAG Lightソフトウェア本体のみ ・・・ 34,800円(税別) | 37,584円(税込)
  2. ソフトウェア本体+Pocket JTAG Cable ・・・ 62,600円(税別) | 67,608円(税込)
  3. 延長サポートライセンス ・・・ 10,000円(税別) | 10,800円(税込)

です。

※年末キャンペーン実施中。12月31日までにご購入いただくと、
49,800円(税込)で提供させていただきます。

詳しくはこちら

※12月31日以降は通常価格に戻ります。あしからずご了承ください。

ご注文はオンラインショップからお願いします。

フルセットのご注文

はじめてお買い上げいただくお客様は、できるだけソフトウェア本体とケーブルのセットをお買い求めださい。

ソフトウェア本体のみのご注文

XILINXのPlatform USBケーブルや、ALTERAのUSB-Blasterを使うのでPocket JTAG Cableは不要という方は、ソフトウェア本体のみをお買い求めください。ただし、後からPocket JTAG Cableだけのご購入はできませんので、ご注意ください。

なお、ALTERAのUSB-Blasterは遅く、XILINXのPlatform Cable USBはターゲットの電源がOFFすると接続も切れるので、MITOUJTAGでの使い勝手はよくないのでご承知おきください。

以前ご購入いただいた方(サポートライセンスのご注文)

過去にMITOUJTAG Lightをご購入いただいていて、ライセンスが失効してしまったという方は、延長サポートライセンス をお買い求めください。

10,000円(税別)の費用で、最新のMITOUJTAG Lightが利用できるようになり、また、サポートライセンスも1年間延長されます。ライセンスが途中で失効していた期間があっても構いません。延長サポートごご購入いただいた時点から再スタートとなります。

ライセンスについて詳しくはこちらのページをご覧ください。

MITOUJTAG BASICへのアップグレード

MITOUJTAG Lightをお持ちで、1年以上経過した方は、いつでも32,400円でBASICへのアップグレードが可能です。将来的にはBASICにアップグレードしたいけど、まずはLightからという使い方も可能です。

購入とライセンスについて、よくある質問

商社経由で買えますか?

買えません。

2017年1月15日以降も買えますか?

その日で販売は終了します。その後の発売予定はありません。

2017年1月15日以降も使用できますか?

もちろんです。一度お買い上げいただいたなら、使用する権利は永久に不滅です。

その後のバージョンアップはできますか?

お買い上げいただいてから1年以内はいつでも最新バージョンが利用可能です。

大学のサークルで使いたいのですが、ライセンス上可能でしょうか?

そのMITOUJTAGは個人の所有物であって、個人で使用するのであれば可能です。

サークルの所有物としてみんなで使うのはいけません。

FPGAで回路を作ってWebやブログで公開しているのですが、そのような用途に使えますか?

まったく問題ありません。どんどん使ってください。

大学の研究室で使いたいのですが、可能でしょうか?

研究室での研究目的での使用はできません。

個人で購入したMITOUJTAG Lightを会社に持っていってよいですか?

会社の業務で使うのでなければ可能です。例えば、趣味で作った回路を会社で披露する場合などは構いません。

個人で購入したMITOUJTAG Lightを大学の研究室に持っていってよいですか?

研究に用いるのでなければ構いません。例えば、趣味で作った回路を研究室で披露する場合などに使うのは構いません。

Makerの集りなどで展示する作品の開発に使用できますか?

全く問題ありません。ぜひMITOUJTAGを使ってすばらしい作品を作ってください。

Makerの集りやコミケなどで同人ハードを作って売りたいのですが、ライセンス上可能でしょうか?

販売が「業」として行われている場合、すなわち利益を目的としたもので反復的に繰り返し行われる場合は許可できません。規模や形態に応じてケース・バイ・ケースですので、お問い合わせください。

領収書を発行してください。

恐れ入りますが、領収書・見積書・請求書など帳票類は発行できかねます。

代理店を紹介してください。

本製品は直販のみで取り扱っています。

 

キャンペーン情報

2017年1月15日までにMITOUJTAG Lightをお買い上げいただくと、3つの特典があります!

1月15までのお正月割引!

MITOUJTAG LightとPocket JTAG Cableを合わせて67,608円(税込)のところ、

初回ご購入のお客様に限り、なんと!49,800円(税込)で提供してしまいます!

なんと、17,808円もオトクなのです。\($_$)/

まさに赤字覚悟の年末大セールです。この機会をお見逃しなく!

月刊特電が届くようになります!

月刊特電というのは、製品や部品のいろいろな使い方や、アプリケーション例、設計思想などを掲載した技術情報が満載の冊子です。

「お金を出してでも購入したい」、「PDF版がほしい」「バックナンバーがほしい」というご要望もありますが、特電製品をご購入いただいたお客様に最新版のみを印刷した紙で配るというポリシーを貫き通しています。

この冊子が、あなたのお手元にも届くようになります。

3か月から4か月に1回くらいの頻度で2017年も発行していきます。

 

このキャンペーンは1月15日までです

MITOUJTAG Lightは期間限定・数量限定なので

どうかお早目に!