JTAG総合情報サイト>JTAGとは何か>JTAG技術的解説>簡易JTAGケーブルの作成

簡易JTAGケーブルの作成

簡易JTAGケーブルの作成

 JTAGを操作するためには、複雑なハードウェアやソフトウェアは必要ありません。JTAGを操作するのに最低限必要なものは、TCKやTMS、TDIを適切なパターンで送り出し、TDOを受け取ることができるインタフェースです。すなわち、自由に操作することができる3出力、1入力のパラレルIOがあればJTAGを扱うことができます。

 実際、XILINXやALTERA、LATTICEなどのFPGAベンダが提供している最もシンプルなJTAGケーブルは、パラレルポートの信号線を74HC125や74VHC244などのバッファを介して、ICに接続する構造のものです。

 パラレルポートのピンの割り当てはベンダによって異なります。表2は、XILINX、ALTERA、LATTICEの各メーカーの提供するケーブルのピンの割り当てです。

 

表2 各社JTAGケーブルのピン配置

 

 これを参考にして、PC/AT互換機のLPTポートの各ビットをJTAG端子に接続するケーブルを自作することができます。あとは、プリンタポートを制御すれば、JTAGを制御する基本ルーチンを作ることができます。

 

 次回は、JTAGケーブルを作って、実際のデバイスをバウンダリスキャンしてみましょう。