JTAG総合情報サイト>JTAGとは何か>JTAG入門>組み込み開発への応用

組み込み開発への応用

バウンダリスキャンをどう組込みシステム開発に応用するか

これまで説明してきたように、バウンダリスキャンを活用すれば、

「ICの端子に影響を与えずに入出力端子の状態を調べること」

「ICの本来の動作を停止して入出力端子を自由に操作すること」

ができます。

つまり、JTAGを使えば動いているICの動作をみることができ、しかもICの動作に影響を与えないでそれができる、というわけです。逆に、JTAGを使ってICの動作を止めてしまい、パソコンからICの端子だけ自由自在に操作する、ということもできます。

BGAパッケージのICの端子を見ている例 ~MITOUJTAGというソフトを使って見る

最近のFPGAやCPUは、BGAパッケージを採用しているため、オシロスコープでは波形が観測できないという問題があります。そういう高度なFPGAやCPUを使った回路を作った場合には、本当にFPGAやCPUが動いているのかどうかを確認するのに大変な手間がかかります。

そんなとき、JTAGバウンダリスキャンを使えば端子の状態が動くのが目に見えるので、オシロやロジアナで苦労して動作を確認しなくても、ICが生きているか否かということならば即座に判別することができます。

図 Spartan-3ANとコンフィグROMの状態をバウンダリスキャンで確認しているようす

 

ほかにも、組込み開発の初期においてはFPGAやCPUなどの端子から適当な信号を出してLEDを点滅させるというデバッグが必須になりますが、LEDを点滅させるためにわざわざVHDLのソースコードを書き換えて、論理合成しなければなりません。FPGAの任意の端子から好きな信号を「望んだとおりに」出力できるとしたら、電子回路の動作検証が非常に簡単になることは想像に難くありません。

まとめ

さて、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

特殊電子回路の開発したMITOUJTAGを使うと、JTAGを組み込み回路のデバッグに応用できるようになります。

あなたの作った電子回路の動作が見えるようすを、想像してみて下さい。

明日から、デバッグを楽に行いたいですか?

それとも、昨日と同じようにオシロとロジアナだけでデバッグしますか?

 

MITOUJTAGにご興味のある方は、次のボタンをクリックしてください。

そこには、まったく新しい電子回路のデバッグのやり方があります

MITOUJTAGの説明ページへジャンプする

また、JTAGがどうやって動くのか、技術的な解説を読みたい場合は こちら をクリックしてください。