JTAG総合情報サイト>JTAGとは何か>JTAG技術的解説>JTAGの概要

JTAGの概要

 JTAGはシリアル通信を用いて、IC内部に設けられたテスト用の回路にアクセスし、そのICの端子の状態を操作したり、ICの内部回路と通信することができる技術です。

 IEEE1149.1の規格では、信号線の種類、コマンドの与え方、端子の状態を操作する方法等が示されおり、パソコンなどのホストマシンからICの端子の状態を操作する、いわゆるバウンダリスキャンテストの方法が標準化されています。

 

 JTAGは本来はバウンダリスキャンのための規格なのですが、多くのユーザーにとってはオプション機能が用いられることの方が多いでしょう。オプション機能には、CPUのデバッグやデバイスのプログラミングなど、ICのメーカーが様々な魅力的な機能を用意しています。中にはバウンダリスキャンができないオプション機能だけのICもあります。