製品情報>Artix-7評価ボード

Artix-7評価ボード

手のひらサイズの最強Artix-7ボード

いま、売れています!好評発売中!

TKDN_ART7_BRD-1       ¥82,400 (税別)
TKDN_ART7_BRD-2       ¥88,000 (税別)
TKDN_ART7_BRD-3       ¥93,600 (税別)

 

新着情報

2017/8/25 拡張ベース基板で動くハードウェア・イーサネット回路をリリースしました


特電Artix-7評価ボードは、名刺サイズでコンパクトなFPGA評価ボードです。

従来の特電Spartan-6ボードと同サイズ、同一ピン配置でありながら、DDR3メモリとUSB3.0インタフェースを備えています。

また、拡張用に2.54mmピッチのピンヘッダが出ているので、万能基板に搭載したり、配線を引き出したりするということが簡単にできます。

手のひらサイズで、万能基板に乗る拡張性の良いArtix-7ボードは、世界中どこを探しても他にありません。

FPGA回路を設計する喜びを、お客様と分かち合いたいと考え、心を込めて設計しました。使いやすくするための国産ならではの細かい気配りは、海外製ボードには決して真似できません。

当社製品のメリット

最近では海外メーカーからArtix-7を搭載した安価なボードが発売されるようになってきていて、それらのアジア製FPGAボードに比べると、当社製品はたしかに割高かもしれません。

ですが、当社のボードは産業機器メーカー様や研究機関のお客様に選ばれ続けています。海外製のボードではなく、当社のArtix-7ボードが選ばれるポイントは5つあると考えています。

  1. USB3.0で超高速にデータを取り込むことが簡単にできる。わかりやすいサンプルデザインが付属している。
  2. コンパクトなサイズで、ピンヘッダで拡張できるので、お客様の機器に組み込みやすい
  3. 電源に十分な数のコンデンサが実装されていて、トラブルが起きにくい
  4. USB-JTAGの機能が搭載されている
  5. 困ったときに、すぐに開発者に聞ける

使いやすさ、組み込みやすさ、それから、産業界や研究者のお客様が必要としている「高速にデータを取り込みたい」というニーズに応えられるからだと自負しています。

USB3.0とDDR3メモリを使った計測アプリがすぐに作れる

今まで何百件というお客様のニーズをヒアリングしてきた結果、わかったことは、多くのお客様がFPGAに期待していることは、

計測して、メモリに溜めながら、パソコンに高速にデータを取り込みたい

ということです。

このニーズに迅速に適応できるよう、当社は、USBファームウェア、FPGAのIPコア、デバイスドライバ、Windows DLL、Windowsサンプルアプリを合わせて提供しています。

いずれもソースコードで提供していて、お客様のアプリケーションに自由に組み込んでいただくことができます。

これが、FPGAとUSBとDDR3を一体化して開発している当社ボードの強みです。

目次

最新情報

2016/8/26(金) Vivado版 USB3.0-AXI-DDR3のサンプルデザインを更新しました

2016/8/17(水) Vivado版 USB3.0-AXI-DDR3のサンプルデザインを公開しました

2016/2/23(火) USB3.0用の64bit対応版ドライバをリリースしました

2014/7/20(日) HDMIやEther、USB-UARTが使える「拡張ベースボード」のご案内

2014/3/10(月) ファームウェアを更新。BulkInで待たせたときにハングアップする問題を解決

2013/12/26(木) FX3WinのDLLとサンプルソフトを更新。

2013/10/17(木) ついにLinuxが起動しました。

2013/7/22(月) USB-JTAG書き込みツールを公開しました

2013/7/12(金) 出荷開始

2013/7/10(水) ホームページをリニューアルし、各種資料を公開。価格と注文オプションを決定。

2013/7/8(月)  量産試作開始

2013/6/21(金) 最初の試作品1台が完成

今後の予定

  • DDR3の使い方のチュートリアルを執筆を予定
  • 拡張ボード(A/Dボード・MicroBlaze&ネットワークボード)の発売
  • AXIベースのサンプルデザインの開発

最新の開発状況は、こちらをご覧ください。

本機の構成

 

  • USB3.0との間は32bitで接続。最大320M〜360Mバイトのデータレート
  • I/Oは計64本 上側(28本)と下側(36本)で別々のI/O電源電圧を適用可能
  • DDR3 SDRAMは、2Gbit。最大1066Mバイト/秒の転送レート
  • SPI ROMとは2bit接続。約1秒でコンフィグ可能。

 

動画

Artix-7でハイビジョンぐるぐる (2013/8/23)

汎用I/OからHDMI出力

Artix-7でのLEDチカチカ

上記デモで使用したFPGA設計データをご希望の方はご連絡ください。

 

© 2017 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved