特殊電子回路株式会社

 

 

特電について

トップ ページ製品情報ブログ「JTAG日記」JTAG情報会社紹介

[トップ ページ][製品情報][究極のRX62N評価ボード]

インデックス

 トップページ

 主な特徴

 主な仕様

 他社製品との違い

 ダウンロード

 ボード図面

 技術サポート

 クイックスタート

 お客様の声

 注文情報

 使用上の注意

 

RX特設ページ

 RXduino特設ページ

 

ルネサスRX600シリーズCPU評価ボード

究極のRX62N評価ボード

H-UDI対応大容量SDRAM搭載イーサネット搭載SPIフラッシュROM搭載USBポート2チャネル搭載MicroSD/MMC Microカードスロット搭載A/Dコンバータ内蔵D/Aコンバータ内蔵リアルタイムクロック内蔵RS232Cラインドライバ搭載バウンダリスキャン対応

TKDN-RX62N-BRD             \32,800 (税込 \34,440) ※開発者セット+技術サポート【おすすめ】

TKDN-RX62N-BRD-NOSUP \29,800 (税込 \31,290) ※ボード本体のみ

 

究極のRX62N評価ボードは、ルネサスエレクトロニクス製の最新CPUである「RX62N」を搭載した、試作や組み込み用途に最適な評価ボードです。 RX62Nを中心に、SDRAM、イーサネットコントローラ、USB 2.0ホスト/ファンクション、MicroSDカード、SPI ROMなど様々なコンポーネントを凝縮しており、この1台でRX62Nのすべての機能を評価することができます。RX62Nは8chのA/D変換器と1chのD/A変換器を内蔵しており、ボード単体で高度な組み込み計測制御システムを構築することができます。

 

 

 

 

 

・大容量SDRAMをオンボードで搭載

・無償で制約のないオープンソースコンパイラ「GCC」を標準でサポート

内蔵ペリフェラル(SCI(シリアル通信)、USB、タイマ、AD/DA、PWM、イーサネット、RTC、etc...)

 使いやすくするためのGCCライブラリと、豊富なサンプルプログラムを提供中!

・RX62NでUSB仮想COMポートを楽に実現できる

・回路図添付

 

究極のRX62Nボードはボードだけを販売しているのではありません。RXマイコンの内蔵ペリフェラルを使いやすくするためのC言語ライブラリ「特電HAL」と、C++ライブラリ「RXduino」を合わせて提供しています。これらのライブラリを使うと、RXマイコンの複雑な内蔵レジスタ設定に悩まされることなく、迅速にアプリケーションプログラムを開発することができます。HEWではなく、オープンソースのコンパイラ「GCC」で動作するように設計されているため、初期開発コストを低く抑えることができます。

また、本ボードは、ボード上にUSB-JTAGとUSB-UARTを搭載しているので、他のエミュレータや変換アダプタを必要とせずに、このボードだけでデバッグや開発を行うこともできます。

USB-JTAG回路搭載

究極のパフォーマンスと、豊富なペリフェラル、万能基板に搭載できる拡張性のよさ、そして抜群の使いやすさのライブラリを実現したRXマイコンボードは、世界中どこを探しても他にありません。国産マイコンで組み込み機器を開発する喜びを、お客様と分かち合いたいと考え丹精を込めて設計しました。

 

特徴

仕様

他社製品との違い

ダウンロード

ボード図面

サポート

クイックスタート

お客様の声

注文情報

使用上の注意

 

 GCC用RXライブラリとサンプルプログラム集 Version 1.08  Updated 2013/9/30

TKDN-RX62N Rev.A 回路図 (平成23年11月下旬以降に出荷) 

ハードウェアマニュアル Rev1.0

 関連商品 RaXino♪ Arduino互換のお手軽RXマイコンボード

ボード外観



前面


後面

左側面


右側面

(クリックで拡大します)

 

 

他社製品との違い

当社の究極のRX62Nボードと他社製品との大きな違いは、

  @ オープンソースのコンパイラ「GCC」を標準サポートしていて、ソフトウェアライブラリが整備されている

  A オンボードでUSB-JTAGが搭載されていて、バウンダリスキャンを使ったデバッグができる

  B (開発者に直接)技術的な質問ができる

ことです。

 

RXマイコンの評価ボートは世の中にいろいろと出てきていますが、特電の製品が他社の製品と比べて何が違うかというと、SDRAMを搭載していることやSDカードを搭載していることなどボード自体の特徴もいろいろありますが、やはり、「ボードを売っているだけじゃない」ということなのです。

 

私自身、ライブラリ「RXduino」や「特電HAL」の開発で苦労して、RXマイコンの動作が身にしみてわかってきました。その過程で得た知識や経験を惜しむことなく出しますので、ぜひともハード/ソフトで行き詰まった点があったらご相談ください。顔が見えるサポートとはそういうことなんだろうなと思う次第です。

 

特電はボードを売るだけではありません。お客様のアプリが動くまで、とことんサポートさせていただきます。

→ 特電技術サポート掲示板へ

 

主な仕様

    品名

    特電RX62N評価ボード

    製品番号

    TKDN-RX62N-BRD

    CPU

    R5F562N8BDBG (ルネサスエレクトロニクス製RX62N)

    動作クロック

    メインクロック(水晶振動子)       12MHz

    システムクロック(ICLK)     最大96MHz

    周辺モジュールクロック(PCLK) 最大48MHz

    外部バスクロック(BCLK)     最大48MHz

    時計用クロック                       32.768kHz

    内蔵フラッシュROM

    プログラム格納用 512kバイト

    データ格納用       32kバイト

    ※内蔵フラッシュROMは1クロックでアクセス可能

    内蔵RAM

    96kバイト搭載

    オンボードRAM

    SDRAM 16Mバイト (データバス32bit接続)

    オンボードROM

    SPIフラッシュROM 2Mバイト

    メモリカード

    Micro MMCカードスロット x1 (MicroSDカードも使えます)

    タイマ

    マルチファンクション・タイマパルスユニット2 16bit 12チャネル

    プログラマブル・パルス・ジェネレータ(PPG)   4bit 8グループ

    コンペア・マッチ・タイマ                            16bit 4チャネル

    8bitタイマ                                                8bit 4チャネル

    ウォッチ・ドッグ・タイマ                               8bit 1チャネル

    独立ウォッチ・ドッグ・タイマ                       14bit 1チャネル

    LAN

    10/100BASE-T/TXイーサネットコントローラ(LAN8710AI) 搭載

    イーサネット通信用RJ-45コネクタを搭載

    USBホスト

    Aコネクタ搭載  1ch (RX62NのUSB1に接続)

    USBファンクション

    Mini-Bコネクタ搭載  1ch (RX62NのUSB0に接続)

    A/D変換器

    12bit A/D変換器 8チャネル

    10bit A/D変換器 8チャネル ※排他的に使用可

    ・基板上のコネクタ(ピンヘッダ)へ配線済み

    D/A変換器

    10bit D/A変換器 2チャネル

    ・基板上のコネクタ(ピンヘッダ)へ配線済み

    リアルタイムクロック

    CPUにRTC機能を内蔵 32.768kHz水晶を基板に実装済

    時計/カレンダー機能を搭載

    通信機能

    (シリアルI/F)

    クロック同期/調歩同期式/スマートカードインタフェース 6チャネル

    ・SCI0を基板上のRS232Cドライバに接続可能

    ・SCI1を基板上のサブプロセッサ(USB-UART)に接続可能

    ・RX62N内蔵のUSBファンクションを仮想シリアルポートに設定可能

    割り込み機能

    割り込みコントローラ内蔵 外部割込み最大17本

    NMI信号は基板上でプルアップし、I/Oコネクタに出力済み

    サブプロセッサ

    uPD78F0730を搭載 (リセット発生、USB-JTAG、USB-UART機能)

    JTAGサポート

    オンボードでJTAG-ICE用USB-JTAG回路を搭載

    バウンダリスキャン機能を標準でサポート

    E1エミュレータを接続可能な14ピン・ピンヘッダを搭載

    I/Oポート

    ・2.54mmピッチ ピンヘッダ

    汎用I/Oポート最大53本 (うち16本はデータバスと兼用)

    ・EXDMAC用のデータバス16bit

    リセット機能

    サブプロセッサによるリセット(USB経由でリセット可能)

    リセットスイッチ

    その他I/O

    ・シリアルポート (RS232Cラインドライバ搭載)

    ・ユーザ用プッシュスイッチ 1個

    LED 4個

    圧電ブザー

    電源

    DC5V (ACアダプタまたはUSBバスパワーで供給可能)

    付属品

    RX用モニタプログラム

    ・MITOUJTAG特別版 (RX62Nボード専用バージョン)

    ・回路図添付

    ・RX用GNU C Compiler

    ・GCC用RXライブラリ (特電HAL、RXduino)

    基板サイズ

    76mm×60mm (突起部を除く)

 

 

 


Copyright(C) 2011 TokushuDenshiKairo Inc. All rights reserved.